電気代節約と体力向上

子供が1歳になった頃、電動自転車を購入しました。

電動自転車はとても重量が重い為、乗るたびにスイッチONにしていました。

電動自転車イコール電気で走らせると思っていました。

ある時にバッテリー残量が0になり、自力で漕がなくてはならないという場面に遭遇しました。

「しまった!」と思いましたが、漕いでみると結構自力で漕げるものなのです。

私が住んでいる所は、たいていの所は平坦な道なのです。

動いてしまうと、ほとんど力を入れずに漕げてしまいます。

漕ぎ始めでどうしても重い時や、坂道を上がる場合の時だけスイッチをONにしています。

おかげで、自転車に乗る度にちょっとした運動をしている感じです。

体力もついていると思います。

ママ友にも「私、電源OFFなんだよ」と変な自慢をしています。

ほとんど毎日乗っているので、以前は1週間に1回は充電をしていましたが、今では1か月に充電するかしないかくらいです。

ほんの僅かだとは思いますが、電気代の節約になっていると思います。

電動自転車の電源をOFFにすることにより、電気代の節約、体力の向上に役に立ちます。

そもそも、電動自転車は15万円くらいしたので、電動ではない普通の自転車で頑張ったらかなりの節約にもなったのですが・・・・。

妹の節約法 近くに住む妹と子供の話をしながら日々の生活費の事も話します。

近くに住む妹と子供の話をしながら日々の生活費の事も話します。「お互いに働いてもお金が無いよね」「いくらあれば良いのかわからない」と次から次と愚痴が。特に妹の方は子供二人で年の差があまり無いので進学時期が重なるのでお金の掛かり方も大きいのでこれからが大変。

妹は「お金が無い。」といつまで言ってもお金は増える事はないので考え方を変えたと言って、急な生活変化はしないけれど気持ちに余裕が持てるようになった節約方法を見つけたと言っていたので紹介したいと思います。一時期クレジット払いを辞め、現金払いをしていたのですが、生活費がギリギリで自分の物が全く買えず、臨時収入が入ると反動でいらない物まで買い、結局お金を使い過ぎるので2万円までの物はクレジットカードを利用してストレスをためないようにしています。

財布とバッグの大きさを小さい物に。お札は三つ折にしないと入らず小銭入れも最低限の大きさで、カード入れも2箇所。また、バッグはパーティー用クラッチバッグ。物が殆ど入りません。

物を買った時は手提げ袋を持ち「これが面倒なので買わない場合が多くなった。」と言っています。面倒くさがりな性格と小さい財布とバッグが功を奏し、買いたい気持ちにブレーキをかけ「家計が赤字から黒字になってきた。」と言っていました。参考にしてみて下さい。

積み立て貯金を増やしたいけれど

ここ何ヶ月か大赤字の月が続いていたため、まったく貯金ができていませんでした。

しかしようやく落ち着いてきたため、小額ですが、また積み立て貯金ができるようになったのです。

これがまた本当に小額なので、数ヶ月程度ではお小遣いにも足りません。

そのため、もっと増やしたいと考えているところなのですが、なかなか踏み切れません。

というのも、私は月の給料が非常に安いのです。

そして夫は、よい月と悪い月の差が10万近くあります。

悪い月の金額は、ちょっと涙が出るほど低めとなっています。

そんなことから、月の生活が、本当に見通しが立てづらいのです。

給料が出たら、それをどうやりくりするか、を考えるわけですが、どうしたらいいかわからやない…となってしまうこともあります。

そろそろ、次の給料日も近付いています。

なんとか来月は楽に暮らしたいものですが…。

残念なことに、今年の夏は、私の会社は、ボーナスの支給がなさそうです。

これではまた持ち出しの日々が始まってしまうことでしょう。

普通にボーナスが出る会社が本当にうらやましいな、と思います。

節約だけでは追いつかないので、転職をして、収入をアップさせるしかないのかな、と考えているところです。

食料品、日用品の買い物について

岡山、大阪と引越しを重ねてきて、やはり都市部は生活費がかかると家計簿が示してくれています。安いスーパーや八百屋を探して、数日おきに買い物をして暮らしてきましたが、なかなか食費や日用品の購入額は劇的には変化しません。

また、数日の旅行やイベントごとがあると心身の疲労がダイレクトに仕入先のチョイスや、判断を鈍らせ、余計なものも買ってしまいます。お惣菜率が上がってしまい、冷蔵庫の中身で食事をつくり、三食自炊を続けてきても、どうもうまくいきませんでした。家計簿はzaimを使用しある程度の把握はできていましたが、雑誌で見るような節約生活には数字が追いついてきません。ハピタスにイオンネットが掲載されていたので、試しにネットスーパーを使う事にしました。

ハピタス経由のイオンネットスーパー利用、イオンカードのデビットカードのWAON番号連携、支払いは提携会社のJALカードを使用して、ポイントを3種類取りです。近隣スーパーは割高で、それでも頑張って安い組み合わせを買っては満足したり、値引きシール狙いに19時にその日の夕食メインディッシュ用のものを買いに出たりとこれらを徹底してきたのですが、結果、イオンネットスーパーを週に1度6000円購入し、品切れ品はキャンセルするという欄にチェックを入れ、WAONのポイントも貯めずにさっさと利用する買い物方法に切り替えた途端、1万円程食費が下がりました。

これでも、全てを買うわけではなく、果物と野菜は八百屋で買っています。買い物かごに入れて、塾考できることや、前回の買い物履歴をボタン一つで再購入できる点、実店舗と同じ様に火曜イチもある点など利点ばかりで節約にも大きく貢献しています。

一人暮らしの味方、安くておいしくてコスパの良い食材3選

一人暮らしにおいて1円も多くの出費をすると痛いと感じます。出費の中でも食費は意外とかかってしまいます。仕事帰りに自炊するのは面倒くさいし、1Rなどの狭い部屋ではコンロが一つしかないし、キッチンのスペースも狭く料理もしづらいのでやる気がとても失せます。そうなると外食で済ませたり、コンビニやスーパーでお弁当や総菜を買ってしまいますがこれも1か月で見ていくとかなりの出費です。今回は一人暮らしにおすすめの安くておいしくてコスパの良い食材を3選ご紹介していきます。

1つ目はバナナです。なぜおすすめかというとバナナはスーパーで1年中100~150円で1房4,5本売っていることが多くさらにビタミンB群が豊富で脂肪や糖を吸収しにくくする働きをしてくれます。朝食時にそのまま食べるのもよいしヨーグルトと一緒に食べるのもおすすめです。

2つ目は卵です。卵は普通のスーパーでは200円弱で10個入りで売っております。卵にはたんぱく質が含まれており健康にもよいです。卵の使い道は豊富でフライパンで炒めてスクランブルエッグにしたり目玉焼きにしたりご飯の上にかけて卵かけご飯にするなど簡単に様々な料理に応用が出来ます。

3つ目はパスタです。こちらも普通のスーパーでは200円前後で売っており、鍋でゆでるだけでパスタは出来上がります。さらに市販のパスタソースと絡めたり自分で切った野菜にケチャップで混ぜてナポリタンを作ったり、トウガラシやニンニクと炒めてペペロンチーノにしたりいろんな味に手軽にできます。さらに一番良いのが簡単に量を調整できるところです。普通に食べたいときは1束、大盛りを食べたいときは2,3束茹でてソースに和えるだけで手軽に食べれるので数十円、数百円程度でお腹を満たせてコスパが良いです。

以上でコスパの良い食材を3つ紹介してきました。もし興味があれば実践してみてはいかがでしょうか?

お金のかからない趣味を持つこともとても重要

節約の上で特に、生活でかなり困窮していて趣味などを持って少しでもストレスを発散したいと考えている人にとっても節約をしながら出来るだけ自分の余暇を楽しみたいと考える人も多くいます。そこでお金のかからない趣味とはどんなものがあるのかを検証してみましょう。

まずウオーキングなどやジョギングなどで趣味にしている人はかかるコストは最初のトレーニングウェアやトレーニングシューズなどのコストはかかります。しかし一度購入すれば結構長い期間でそれを活用する事が出来ます。まずはそうした流れでお金を節約しながら健康的になる事を考える事も良い趣味と言えます。

図書館で本を借りると言う事も情報を得る事が出来るとても素晴らしい趣味だと思います。本屋さんだと買わなければ申し訳ない事があったりしますが、図書館であればそれは本を無料で貸し出す場所でありそうした所を活用する事もとても良い節約になります。

お金をかけずに余暇を楽しめば、これまでお金をかけていた部分が随分と浮いていったりしますし、例えばプロ野球を観戦する部分でテレビ放送があればそれこそ余暇を好きな野球の応援に当ててテレビで済ませればそれこそお金も浮かせて行ける形になります。

男性が普段の飲食費を安くさせるには

普段からの生活費をいかに安価にさせるかは、これから消費増税などを控える日本において、大変重要な考え方です。日用品や、普段の食費や光熱費をいかにして安く済ませかは大切な考え方です。家で過ごす時間が多くなるようなかたにとっては普段からの食費を削減するには、賃貸物件で水道代が込の物件に住んで、食費を削減することも大切な考えかたです。普段からお茶やコーヒーなどを家で作っておいて、外に水筒などで持ち出すことで、普段の飲料にかかる水道代を節約できますし、お米を炊いたりするときにもこのような方法を使うことで安価な値段で自炊をすることができます。

より素敵な食事を家で手軽に簡単におこなっていくには、このような家に住んで水道代と食費の双方を安く抑えることが大切な考え方となります。可能な限りこのような方法を使って、家でかかるお金を安く済ませることが成功する節約生活へとつながっていきます。頑張って目的をもって貯蓄をすることで、普段からの生活を自分で頑張ってみてはいかがでしょうか。お金は誰にとっても大切ですが、このような方法で確実な節約をすることで、長期的な視点の中で確実に自分の大切なお金を守っていけます。食事は普段から毎日とるものだからこそ、きちんとした金銭感覚で節約していくべきです。