身に着けよう、生きる力!節約力と貯蓄力!

私は大学生の頃から貯金に力を入れてきました。もっと言うならば、高校生の頃からお金は大事に貯金してきました。高校生の頃はお年玉を貯金したり、お弁当代としてもらったお金をできるだけお昼を軽くて済ませて貯金に回していました。

大学生になると高校生のときと同様、お年玉は毎年手を付けずにそのまま銀行に貯金。あとはアルバイトをして稼いだお金も必要最小限に出費を抑えてほぼ全額貯金に回していました。

私が取り組んでいる節約方法はいくつかありますが、まず1つ目は服は流行りに関係ないものを納得のいく値段で買うということです。これは高校生の時から取り組んでいる方法です。流行りの服を買ってしまうと下手をすればワンシーズンで着る機会がなくなってしまうものもあります。私は特におしゃれに興味がないのでなるべくシンプルで、流行を選ばない洋服を選ぶようにしています。

そのおかげで31歳になった今でも高校時代に購入したタンクトップやTシャツを着ることができます。実際、28歳で結婚して結婚後に購入した洋服はマタニティのものが殆どで、普段の体型のときに着る服はすべて結婚する前の物を着用しています。

2つ目に取り組んでいることは日中はできるだけ外出をして光熱費を切り詰めることです。結婚してすぐの頃はパートに出たりして家を開けることが多かったのですが、子どもができてから仕事をやめてしまったので、少しでも光熱費を節約しようと思い、日中は子どもを連れて図書館や児童館などに出向き家を開けることにしています。そうすることで光熱費も最小限に抑えられます。

その他にも食材を安いときにまとめ買いして、冷凍して食費の節約をしたり、旦那さんにはお弁当を持っていってもらい、お昼代を節約してもらったりと節約に励んでいます。

節約したり貯蓄したりすることは私は生きる力につながると思います。ごく当たり前の節約方法しかできていないかもしれませんが、知恵を働かせてこれからも節約を続け、家族を守るためにを貯蓄に励んでいきたいと思います。