社会人になってから始めた貯金の話

私は2017年に大学を卒業して社会人となりました。親からの仕送りもなくなったため、自分で稼ぎ自分で食べていくことになり、また、将来のことも考えて貯金や節約をするようになりました。

今回は私の行なっている貯金、節約の方法について紹介します。

まず一つ目は食費の節約です。社会人になり、同期と一緒に外でご飯を食べることが多くなったため食費が増えました。1ヶ月あたり5万円ほど出費するときもあったのでここは抑える必要がありました。対策としては、会社に毎日お弁当を作っていくことにしました。お弁当ならお腹いっぱい食べても一食200円ほどで済みます。そのため、1ヶ月でお昼ご飯代は4000円まで減らすことができました。また、夕飯も自炊をすれば一食200円ほどですみます。1ヶ月に4回同期と食事をし、一食1000円だとしたら1ヶ月で食費が大体2万まで減らすことができました。

また、節約方法の二つ目として休みの日は外にいる時間を増やしました。家にいるとどうしても暖房や冷房などの電気代を使ってしまいます。そのため、休みの日は外のカフェにいることで電気代を節約できます。これで1ヶ月の電気代は4000円だったのが2000円まで減らすことができました。

以上の2点で合計32000円節約することに成功しました。

作りおきおかず薦める理由 時間の節約にもなります。

私は現在、少し体を壊して会社を辞め、専業主婦をしています。

以前のように働くことがしばらく出来そうにもないので、毎日節約生活の日々を送っています。

そんな中でもっと早くからやっとけば良かったと思ったのが、作り置きおかずでした。

最近では作り置きおかずのレシピや、サイトなどがたくさんあってとても参考になっています。まだ実践されていない方とくに兼業主婦さんにおすすめです。

仕事をしていた当時の私は、帰宅が遅くなると外食、お弁当、スーパーのおかずなどを利用していて、食費が今よりも2倍、3倍かかってたんです。

稼いでるしそれぐらい、いいかと思ってたんですね。

でも今思えば かえって無駄だったのかもしれません。

家計のために働きに出たのに、これじゃかえって支出を増やしてしまっていたと。

このときに作りおきおかずや下ごしらえを少しでもしていたら、会社帰りの疲れたときの外食、お弁当を止めて、その分の食費を貯蓄に回せたんじゃないかと後悔をしました。

休みの日のちょっとした工夫で食費がだいぶ減るんです。

最近、私の友人も仕事をやめて専業主婦をしているのですが、彼女にも作りおきを提案したらかなりの食費が減ったそうです。

食事に手間をかけていた時間も、自由な自由になったそうです。

専業主婦でも食費を安くできるので、兼業主婦さんだったら尚更貯まると思いますよ。是非ともオススメです。

レシピなどは本屋さんや、ネットでもありますので、しかも充実してます。

時間を有効利用して、貯蓄もでき、楽しい節約をしましょう。

レジ袋代で節約をしたりしています

お買い物には絶対にマイバックを持っていくようにしていますが、大阪ではマイバックを持っていくと、値段を2円ひいてくれるスーパーと、マイバックを持って行っても安くならないというスーパーがあります。

なので私は、袋が欲しかったら、マイバックを持って行ってもお金を安くしてもらえないスーパーでもらえるだけスーパーの袋をもらって、マイバック持参で割引になるスーパーでは絶対に袋はもらわないように心がけています。

大阪はゴミ出しの袋に指定がなく、ゴミ袋として袋が使えるのですが、マイバックを持って行って毎回2円も引いてもらえるものなら、できるだけ引いてもらいたいですしね。

毎回2円引きは必須です。

他にもゴミ袋として使えるからという理由でお野菜などを買った時は絶対にローラーになっているビニールの袋に入れて持って帰ってきます。

もちろん常識を超えないようにしてですが、袋に入れると、自分のマイバックも汚れずに済みますし、ゴミ袋ももらえて一石二鳥ですしね。

できるだけタダでもらえるものはもらい、安くしてもらう時は安くしてもらうのがまた節約の心得だと思っています。

100円ショップで袋を買うのは結構バカバカしかったりしますしね。