妹の節約法 近くに住む妹と子供の話をしながら日々の生活費の事も話します。

近くに住む妹と子供の話をしながら日々の生活費の事も話します。「お互いに働いてもお金が無いよね」「いくらあれば良いのかわからない」と次から次と愚痴が。特に妹の方は子供二人で年の差があまり無いので進学時期が重なるのでお金の掛かり方も大きいのでこれからが大変。

妹は「お金が無い。」といつまで言ってもお金は増える事はないので考え方を変えたと言って、急な生活変化はしないけれど気持ちに余裕が持てるようになった節約方法を見つけたと言っていたので紹介したいと思います。一時期クレジット払いを辞め、現金払いをしていたのですが、生活費がギリギリで自分の物が全く買えず、臨時収入が入ると反動でいらない物まで買い、結局お金を使い過ぎるので2万円までの物はクレジットカードを利用してストレスをためないようにしています。

財布とバッグの大きさを小さい物に。お札は三つ折にしないと入らず小銭入れも最低限の大きさで、カード入れも2箇所。また、バッグはパーティー用クラッチバッグ。物が殆ど入りません。

物を買った時は手提げ袋を持ち「これが面倒なので買わない場合が多くなった。」と言っています。面倒くさがりな性格と小さい財布とバッグが功を奏し、買いたい気持ちにブレーキをかけ「家計が赤字から黒字になってきた。」と言っていました。参考にしてみて下さい。

男性が普段の飲食費を安くさせるには

普段からの生活費をいかに安価にさせるかは、これから消費増税などを控える日本において、大変重要な考え方です。日用品や、普段の食費や光熱費をいかにして安く済ませかは大切な考え方です。家で過ごす時間が多くなるようなかたにとっては普段からの食費を削減するには、賃貸物件で水道代が込の物件に住んで、食費を削減することも大切な考えかたです。普段からお茶やコーヒーなどを家で作っておいて、外に水筒などで持ち出すことで、普段の飲料にかかる水道代を節約できますし、お米を炊いたりするときにもこのような方法を使うことで安価な値段で自炊をすることができます。

より素敵な食事を家で手軽に簡単におこなっていくには、このような家に住んで水道代と食費の双方を安く抑えることが大切な考え方となります。可能な限りこのような方法を使って、家でかかるお金を安く済ませることが成功する節約生活へとつながっていきます。頑張って目的をもって貯蓄をすることで、普段からの生活を自分で頑張ってみてはいかがでしょうか。お金は誰にとっても大切ですが、このような方法で確実な節約をすることで、長期的な視点の中で確実に自分の大切なお金を守っていけます。食事は普段から毎日とるものだからこそ、きちんとした金銭感覚で節約していくべきです。

節約術をあみ出しておき

台場掃除機をかけると言う1つにとってみても節約に結びついていけることができるわけです。掃除機をかけると言う事は家の中を掃除するわけですがこれは絶対に毎日家なくてはいけないことです。しかし最近では科学技術が発達してきているので掃除ロボットというものがあり置いとくだけで自動でやってくれるというものがあります。

時間節約になります。

節約といっても時間節約は意味が違ってきてしまうかもしれませんがその分別のことに神経を集中させることができます。

また他の掃除機と比べ値段は高いですがその分長持ちするかもしれません。

何年単位で見たらお金で得をしているかもしれません。

節約上をつけると言うものもあります。つまり何に対して下節約したかと言うことをつけておくことによって自分の中でメモしておくと言うことにもなるわけです。そうすれば自分の中で頭の中で整理ができますし節約に向けて努力していくことができるわけです。そういったものをつけておくというのもいいかもしれません。

そういったもの。なるべく毎日書いてつけていくと言うことをしていくわけです。そうすることによって自分の頭の中でも整理できますし今度はどのような節約をすればいいかだとかお金はどこにどれぐらい使ったかと言うことなどがわかるわけです。

節約帳をつけてみるのもいいかもしれません。

チキンラーメンなんかはもの凄く安い金額で売られているものです。こちらの商品をまとめて買っておくととても安い金額で生活していくことができるかもしれませんが身体の面で例えば体の具合に悪いだとかそれは食べ過ぎた場合そうかもしれませんがそういうなると言う場合もあるわけです。

まぁそれはこれに限ると同じ種類のものを毎日食べ付けるということがあってはいけないわけですからそれはこれに限らず何に対してもそうです。

それは豪華なものを毎日食べ続ければいいだとかに限らず脂肪を取り過ぎてしまうなどがあるわけです。

節約と貯蓄を同時にやってみよう!

わたしが実践している、節約と貯蓄に関するちょっとした豆知識をお話ししますね。

まず前提としてお伝えしたいのは、貯蓄とは銀行などの預貯金のことだけではない、ということです。貯蓄はもう少し広い意味を持っており、株式や保険金などの金融資産も含みます。

それが、どう節約とつながるのか?

カンのいい方ならもうお分かりでしょうが、わたしのやっている節約術は、株式の購入です。

もちろん「そんな金なんかない。だからこそ節約したいんだ」と思う方もいらっしゃるでしょうが、ここに今回の豆知識のポイントがあります。

「株主優待のある」「なるべく低額の株式」に狙いを絞って、「広く浅く」買うのです。

株主優待にも企業によっていろいろありまして、金券や現物や選べるカタログなどが、一年の中で定期的に送られてきます。自分の家で必ず使うものがもらえる企業を見つけておけば、これは間違いなく節約になります。

そのうえ、中には自社の金券やクオカード、百貨店で使えるギフト券などをくれる企業もありますし、配当金も入ってきます。

なお、たとえば家族に配偶者がいる方は、それぞれの名義で株式を買えばもらえる優待も倍になります。ご家族がいる方はさらにお得になるチャンスがある、ということですね。

もちろん元本割れのリスクもありますが、動かさないお金として貯蓄ができ、必要な時には売って現金化することもできます。

これがわたしの、節約をしながら貯蓄する方法です。

やりたいことをやるために取り組んでいる節約方法3つ

私は普段の生活で上手に節約をして、大好きな海外旅行で盛大にお金を使います。そんな私の節約方法は3あります。1つ目は、自炊を絶対するということです。食費はコントロールしやすい部類で、これがうまくできたら大きな節約になります。時間があるときに冷凍できるパスタなどの料理を作っておき、自炊の時間がないときにも買う必要がないようにしています。2つ目は食品、日用品の買い物を賢くするということです。例えばティッシュやサランラップ等の生活用品は、スーパーよりもホームセンターのほうが比較的安いです。

食品はチラシなどを見て、安いと思ったら買いに行きます。買う場所や時などで価格は変わってくるので上手く利用するように心がけています。3つ目は公共の交通機関を使わないということです。自宅から職場までは5キロほどでバスをつかえば20分ほどです。これを歩くようにしています。1時間かかりますが、とてもいい運動になりバス代も浮き、通勤ラッシュのあのストレスからも解放されてとてもすがすがしい気持ちになれます。またこのウォーキング中に英語のポッドキャストを聴いたりして時間の有効活用もできています。この3つを毎日心がけることで1ヵ月でも大きな節約ができます。それが1年と考えると、旅行代はたくさん確保できます。旅行など、自分がやりたいと思う目標があれば、節約しようという努力も続けることができると思います。

食費をおさえる

一ヶ月の食費をおさえることができた体験談として、

3人家族(私、主人、子供(12才))で、なぜか10万近くかかってたときがありました。

その原因は近くにはスーパーがありますが、個人経営のスーパーで

特売品は全くなくコンビニ同様で

定価で売られてるので高くつきました。たまに少し遠い場所の

安売りスーパーに出向いたときは、サラダ油とか調味料関係を

何本か購入はしてましたが、

かなり一ヶ月の食費は大変でした主人と息子は朝はご飯を食べていきます。主人のお昼はお弁当持参です。主人の会社は近くには外食する場所がないのでお弁当です。

息子は給食で私はお昼は朝の残りとかで、ある物で食べてました。

夕飯は家族で3人分を作ります。

主人はビール2本くらいと、

つまみを作ります。

朝は2品程度、夕飯は3品程度です。外食は出掛けたときぐらしかできないので(近くには外食する場所とかコンビニはない)

その点はいいかなと、思いました、でも、そんなに、なぜ食費が高いかと考えたら、やはり定価での購入が原因でした。

かと言って、わざわざガソリンかけて安いスーパーに買い物に行くのもガソリン代がかかりますから、ちょっと勉強してみました。それは、まとめ買いと冷凍でした。まず、家の近くのスーパーは利用せず買い忘れとか、たまに

利用するだけにして、

家族で出掛けたときに安いスーパーをネットで調べて、そこで、

まとめ買いをしてきます。

そのとき、その近くのスーパーのチラシとかをネットでみるとき、

3店舗ほどのチラシを照らし合わせて、どこにしようかと考えて、かなり安い特売があれば、

その特売品から献立を考えます。

お肉とかお魚は多くかって、

冷凍をします。

チラシを毎回見てると商品の底値がわかってくるので、底値のチラシが出たら、まとめて買いに行きます。底値、冷凍をするようになったら一ヶ月の食費が半分の5万になりました。

あとは、きちんとノートをつけます。家計簿は私は飽きるので、

自炊は最高!

私が特に徹底的に行なっている節約方法はズバリ自炊です。

一見誰しもがやっている定番の節約方法とは思います。

もっと言えば主婦の方は徹底的に行なっている節約方法だと思いました。

ですが、しっかりとその節約方法を学んでいないとなかなかお金がたまらないなんてこともあり得ます。

例えば、料理を作っていくのが面倒だと考えてしまうと楽をする方向に進んで行くので外食であったりコンビニやスーパーで惣菜を買って帰ったりなどして調達する思います。

もちろんそれ自体が悪いわけではありませんが、それを普段の生活に定期的に取り入れるとかなりお金を出費することにつながりかねません。

惣菜だとボリュームがあってお得している感じはしますが、揚げ物が一個100円代だったりとなることが多いのでこれが人数分買ったとしたら500円代は下りません。

外食であると一食がおよそ700~800円代にまでお金がかかることがよくあります。

ですが、これが自炊となるとどんな方法で調理するかによって異なりますが一食が数10円からあっても200円くらいに抑えていけます。

三食きっちり食べたとしても千円はかかりません。

なので私はどんなに大変でも少し工夫をすれば調理時間も短縮できるのでオススメしたいです。