冷凍庫をフル活用して節約しよう

スーパーなどで野菜や肉を買ってきてもなかなか食べきれなかったり、食べきりサイズの物は意外に単価が高く節約が出来ないと悩んでいる方がいると思います。

そんな方にオススメしたいのが、冷凍庫をフル活用した節約術です。

たいていの物なら冷凍できてしまうので、大量購入→冷凍→使う分だけ解凍とすれば、使いきれない、食べきれないという悩みは解消出来ます。

冷凍に必要な物はラップとチャック付きの袋です。冷凍する前にやっておく下処理があります。

肉:100gづつに包みます。包む前に肉を一口サイズや細切りをしておくと、解凍後に使いやすいです。

キノコ類:根元部分を切り、洗ってザルにあげ余分な水分を切ってから袋に入れます。

根菜類:皮を剥いて、短冊切りやいちょう切りなど色々な料理に使えるように切り方を替えて切って、袋に入れます。

トマト:洗って拭いた後、そのまま袋に入れます。解凍すると、皮がつるんと剥けるので湯剥きの手間が省けます。

油あげ:キッチンペーパーで余分な油を取った後、適当な大きさに切って、袋に入れます。

木綿豆腐:パックから出してキッチンペーパーにくるんでから袋に入れます。

解凍すると、水分がかなり抜けるのでおからに近い食感になります。豆腐ハンバーグを作るのには最適です。

このように色々なものが冷凍できるので、冷凍庫を活用して節約してみませんか?

週1回買い物術

我が家では週1回日曜日のみ食料品の買い物に行っています。

チラシを見たり、買い物に行った時にセール品を基本に1週間の献立を立てて、1週間に購入しなくてはならないすべての買い物を済ますようにしています。

新鮮なうちに食べないといけないようなお刺身や魚等は週の初めの方に、冷凍保存でも大丈夫なお肉等は週の終わりの方に調理するようにしています。

1週間に1度しか買い物に行かないので、交通費もその分減りました。

献立を考えるのも1週間に1度まとめてすればいいので、手間が減りましたし、食材ロスもあまりしなくなりました。

また買い物に行く度に目に入って、ついつい購入してしまっていたジュースやお菓子等の余計なものを買う機会が減りました。

生のままではあまり日持ちがしない野菜や魚などは日曜日に下ごしらえを済ますことにしているので、平日の調理も楽です。

また買い物の次の日が可燃ごみの収集日なので、エビを剥いた殻などの匂いがするゴミも家に置いている時間が少なくなり、冷蔵庫の掃除もしやすくなりました。

土曜日には冷蔵庫の部分は調味料や保存のきく食品しか残らなくなるように管理しているので、スッキリしますし、なにより1週間に使う食費が明確になります。

私は洋服代の節約のためにファッションレンタルを利用しています。

私はもともと洋服レンタルというものを知らなかったのですが、最近知って利用しはじめました。その理由は、自分が着る服に悩まず一定額を払えばコーディネートを考えてくれるからです。

更に余計なものを買わずにすみますし、結構節約になるかなーと感じて始めてみました。最初はエアークローゼットというファッションレンタルサイトを使っていましたが、使い心地が私には合わなかったので、エディストクローゼットという方に変えました。そうしたらとてもしっくり来たので、それからは私はエディストクローゼットを使い続けています。

最終的に感じたことは、やっぱり洋服レンタルって便利だな。ということです。もし毎日の服で何を着たらいいのか迷っている方がいたらぜひ利用してみることをおすすめします。絶対に特だと思いますよ。更にいま登録するとはじめの一ヶ月間はたしか無料でできた気がします。

こんなお得なことはありませんし、しかもエーハチネットを使えば結構セルフバックで戻ってきたので、とても良いと感じましたよ。最終的に月々の洋服代がかからないので結構良かったです。毎日のコーデに悩んでいる方がいたらぜひ利用してみてください。いろいろなファッションレンタルサイトがありますが、よく吟味した方がいいですよ。

情報収集をして便利で安いサービスを探そう

節約するコツは足るを知ると言うのでしょうか、あまり自分の身の丈に合わないものを買おうとしないことが大事です。

むしろ謙虚になって自分の身の丈より一段下のものを選ぶ方が無難でしょう。

例えば一般のサラリーマンでは3000万円のマンションをローンで買おうとしますが今時何があるかなんてわからないので2000万円や1500万円くらいの物件にすることを勧める専門家もいます。

自動車も自分の年収に合っていると言われるレベルのものよりワンランク下のものにするか、あるいは買わない方が良いかもしれません。

日本ではまだ解禁されていませんがライドシェアというサービスがあり、おそらくいずれは日本でも解禁されるのでそれを利用した方が安上がりの可能性が高いです。

あるいは今でも出かける時はタクシーだけを利用した方が自動車を所有してその代金や管理費、駐車場代や保険の合計よりも安いということはありえます。

よく計算したり他に便利で安上がりなサービスがないかチェックしてみてください。

携帯電話、スマートフォンはもちろん3大キャリアのサービスではなく格安SIMを使いましょう。

これはもう常識になっていることだと思います。

子供の教育費は頭の痛いことで削ると将来に関わることですが、早い内から奨学金制度について調べ、無償で使えるものをゲットできるよう対策しておくと将来の負担が減るのでおすすめです。

身に着けよう、生きる力!節約力と貯蓄力!

私は大学生の頃から貯金に力を入れてきました。もっと言うならば、高校生の頃からお金は大事に貯金してきました。高校生の頃はお年玉を貯金したり、お弁当代としてもらったお金をできるだけお昼を軽くて済ませて貯金に回していました。

大学生になると高校生のときと同様、お年玉は毎年手を付けずにそのまま銀行に貯金。あとはアルバイトをして稼いだお金も必要最小限に出費を抑えてほぼ全額貯金に回していました。

私が取り組んでいる節約方法はいくつかありますが、まず1つ目は服は流行りに関係ないものを納得のいく値段で買うということです。これは高校生の時から取り組んでいる方法です。流行りの服を買ってしまうと下手をすればワンシーズンで着る機会がなくなってしまうものもあります。私は特におしゃれに興味がないのでなるべくシンプルで、流行を選ばない洋服を選ぶようにしています。

そのおかげで31歳になった今でも高校時代に購入したタンクトップやTシャツを着ることができます。実際、28歳で結婚して結婚後に購入した洋服はマタニティのものが殆どで、普段の体型のときに着る服はすべて結婚する前の物を着用しています。

2つ目に取り組んでいることは日中はできるだけ外出をして光熱費を切り詰めることです。結婚してすぐの頃はパートに出たりして家を開けることが多かったのですが、子どもができてから仕事をやめてしまったので、少しでも光熱費を節約しようと思い、日中は子どもを連れて図書館や児童館などに出向き家を開けることにしています。そうすることで光熱費も最小限に抑えられます。

その他にも食材を安いときにまとめ買いして、冷凍して食費の節約をしたり、旦那さんにはお弁当を持っていってもらい、お昼代を節約してもらったりと節約に励んでいます。

節約したり貯蓄したりすることは私は生きる力につながると思います。ごく当たり前の節約方法しかできていないかもしれませんが、知恵を働かせてこれからも節約を続け、家族を守るためにを貯蓄に励んでいきたいと思います。

確実に貯蓄するには、定期預金を活用すべし!

お金を節約し、貯蓄するために、一番の方法は、最初から通帳にお金がないことです。というのも、目に見えて、普段使っている通帳にお金があると、ついつい手を出してしまいがちです。そもそも、お金がなければ、手を出すことはできません。なので、給料日に、簡単には引き出せない定期預金に、勝手に引き落としをしてもらうことをお勧めします。現在、各銀行で、定期預金のサービスは、行われています。それを活用し、普段使用する通帳から、定期預金の通帳に、困らない程度のお金を毎月振替してもらっておくのです。

それによって、毎月知らない間に貯蓄ができ、気づけば大きなお金となっています。ただし、注意しなければいけないポイントがあります。それは、無理な金額を設定しないこと。沢山貯金したいと思って、月々多めに、貯金すると、普通に生活することが難しくなり、つい定期預金をおろしてしまうことになってしまいます。定期預金というのは、一度おろしてしまうと、慣れてしまって、度々おろしてしまうことになります。なので、一番はじめの設定金額には、注意が必要です。例えば、30万円以下の収入なら、5万円以内に納めておくのが、無難でしょう。そうすることで無駄遣いせず、また、無理をせず、貯蓄することができるでしょう。

誰でもできる!500円貯金の奇跡!

私は早くに結婚して主人はその当時まだ定職に付いていませんでした。まだ若く何とかなると思っていた結婚生活は散々なものとなりました。

下手すると今日食べるものが無いようなそんな生活をしていました。

そんな時少しでもお金を貯めようと自分で始めたのが500円貯金でした。500円玉って財布の中にあると嬉しいですよね。なんだか少しリッチな感じがして。しかもいつもあるわけではないので意識的に貯めてみようという気持ちになれる感じがしました。

そんな訳で猫の貯金箱に500円玉を貯め始めました。

我が家が貯金できるのはこの貯金箱だけでした。最初は入れたり入れなかったりでしたが出来るだけ頑張って貯金箱に入れるようにしました。

そこで必ず500円は貯金箱に入れるということと1ヶ月ごとに集計するということを決めました。

最初の1ヶ月で7000円貯まりました。すごく嬉しかったです。知らず知らずのうちにこんなに貯まるんだ!とびっくりして意欲も湧いてきました。1ヶ月集計はやる気が出て良かったです。そして1年で10万と少し貯まることができたのです。

500円貯金の良いところは知らず知らずに貯まるということと使う用途が無いということです。普通の貯金だと出費があると減ってしまうので残念な気持ちになりますが

500円貯金は自分が貯金箱から出さない限り減ることはありません。

地味だけど少しでもお金が貯めたいなら500円貯金はおすすめです。