先取り貯金でお金を貯めていこう

貯金ができないと思っている人に限って先に一定の金額を分けて貯金に廻さず、どんぶり勘定だったりもします。

本当に貯金をしたいと思っているのであれば、どんな形であっても先に一定の金額を分けて貯金に廻すのです。

銀行の自動積立を契約しておいて一定の金額を積み立てるもいいし、現金だけではなく純金にして積み立てるもいいので何かしらの方法で積立をしてお金を貯めていく仕組みを作っているのです。

一方たまらない人は本当にどんぶり勘定で、余ったお金を貯金するといった形なので、いつまでもたまらないのです。

本気で貯金をしたいのであれば、お金の流れを把握した上で一定の金額を給料日に分けて貯金に廻して残りでやりくりをしていくのです。

もちろん、目標金額までは取り崩さないで生活をしていくことも大切です。

そのためには貯めていく場所にも工夫をする必要があります。

定期預金であれば期日が出てくれば解約できるし、純金や投信であれば長く運用していく必要があるのでそう簡単には取り崩せないです。

一番いけないのは貯金箱です。

盗まれやすいし、何よりも貯金を簡単に取り崩してしまうことができてしまうからです。

貯金箱はあまりお勧めすることができません。

先取り貯蓄が鉄板! 確実に貯金をしよう

貯蓄の方法を調べようとネットで検索すると、先取り貯蓄がよく語られていますよね。

私も先取り貯蓄が鉄板で裏切らない方法だと思っています。

一般的な先取り貯蓄というのは、給料から振り込みのときに違う口座に自動的に振り込んだり、給料日のつど、使う分だけ下ろしてしまう方法がよく書いてあります。

私はフリーランスで仕事をしていて、継続的にいただく仕事もあるので、そのお仕事ごとに振込先を変えています。例えば毎月安定していただけているお仕事は、家賃や水道光熱費が引き落とされる口座へ。こちらから生活費を下ろしますし、カード払いもこちらから引き落としにしています。基本的にはこの仕事さえきちんとやっていれば生きていけるので、お仕事も迅速にきっちりこなします(笑)。

たまに依頼される仕事は貯金。一定額溜まったら投資信託にしました。投資信託は利益をまた自動的に投資する複利式。基本的にはほったらかしですが、リスクはできるだけ負わない安全志向で投資しています。複利式なので途中で少し痛い目にあっても、長い目で見れば世界経済が成長する限りは日本が多少ダメでも大丈夫なはず!

心配な人はひたすら貯金でもいいと思います。

そして、単発のお仕事は、もうひとつの口座へ。ここはご褒美用というか、ヘソクリ用というか。通帳記帳に行くのが1番楽しみな口座です。生活費と貯金用だけでは息苦しいし、入院など急な大きな出費には対応できません。ギチギチの人生設計では狂ったときに挽回できないので、こうして「あそび」を持たせておくと家計全体に余裕が出てくると思いますよ。この口座は緊急用に余裕を持たせておいて、それでもさらに余裕があるなと思ったらご褒美のバッグを買ったり、旅行に行くお金にしています。