食費専用の家計簿を付けて無駄なく節約出来るお買い物

以前に家計簿を付けていました。
一ヶ月の食費を3万円と設定して、一週間を5千円くらいの予算とします。鶏肉や豚肉などはワンパック300円位、野菜は100円の物しか買わない。夕方の野菜見切り品なんて50円で売っていたら尚良し、その日に使えば問題ない。意外に費用が掛かるのは、ウインナーやハム類、主に加工品。業務スーパーや安売り品を利用しながら、家計簿を付け、その週が5000円超えると、次の週でなるべく食材を抑え気味にして調整。
そして一週間のまとめ買い。冷凍できる物は冷凍保存。こまめにスーパーへ行くとつい余分な物まで買ってしまう。なるべくある物で工夫しながらの食事作り。

家計簿のおかげで無駄使いが減り、気づけば料理番組や、ネットでクックパッドをよく見る様になりました。一日中献立の事で頭を悩ませている自分にガッカリすることもあるけれど、毎日の事ですし、なにより節約出来た時の達成感は嬉しいです。家計簿があると、見直しも出来るし、レシートを見ながら他店との比較も出来て、効率良く買い物が出来ました。今では家計簿に付けなくてもだいたい頭の中で計算をしながら、無駄なく買い物が出来る様になりました。食費が掛かって困る方は一度家計簿をきちんと付けて、見直しをすると、節約の仕方も楽しくなってくると思います。

私の節約・貯蓄は家計簿から

私は元々貯蓄をするのが苦手で独身の頃貰ってたお給料は全部使ってしまっていました。結婚してから自分達の将来のためや子供のために貯蓄を始めました。

もちろん最初は上手く行かず、なかなか貯蓄をすることができませんでした。どうしたら上手く貯蓄できるのか母に相談したところ「家計簿は必ずつける」「車検など大きな出費は毎月別で貯めておくこと」「毎月残ったお金は貯金にまわすこと」です。

まず、家計簿を付けるようにして自分達が毎月何にどれくらいお金をかけているかを知ることが大事なポイントです。私は思っていたより食費にお金を使っていたので、無駄な買い物がないか改めて見直すことができ、食品の無駄使いが減り節約にもなっています。

次に車検などの大きな出費についてです。車検にかかるおよその金額を分割して貯金とは別で毎月貯めています。冠婚葬祭も急な出費なので3000円程度を毎月貯めておき、貯金には手を出さないようにしてあります。

最後に毎月残ったお金は貯金にまわすことです。残ったし、少し贅沢したくなりますがこれも貯金にまわせば塵も積もれば山となるで年間で結構な額になると思います。

このように自分達の出費を把握し、大きな出費は毎月分割して貯めて、毎月残ったお金は貯金にまわせば貯蓄は自然とできると思います。