やりたいことをやるために取り組んでいる節約方法3つ

私は普段の生活で上手に節約をして、大好きな海外旅行で盛大にお金を使います。そんな私の節約方法は3あります。1つ目は、自炊を絶対するということです。食費はコントロールしやすい部類で、これがうまくできたら大きな節約になります。時間があるときに冷凍できるパスタなどの料理を作っておき、自炊の時間がないときにも買う必要がないようにしています。2つ目は食品、日用品の買い物を賢くするということです。例えばティッシュやサランラップ等の生活用品は、スーパーよりもホームセンターのほうが比較的安いです。

食品はチラシなどを見て、安いと思ったら買いに行きます。買う場所や時などで価格は変わってくるので上手く利用するように心がけています。3つ目は公共の交通機関を使わないということです。自宅から職場までは5キロほどでバスをつかえば20分ほどです。これを歩くようにしています。1時間かかりますが、とてもいい運動になりバス代も浮き、通勤ラッシュのあのストレスからも解放されてとてもすがすがしい気持ちになれます。またこのウォーキング中に英語のポッドキャストを聴いたりして時間の有効活用もできています。この3つを毎日心がけることで1ヵ月でも大きな節約ができます。それが1年と考えると、旅行代はたくさん確保できます。旅行など、自分がやりたいと思う目標があれば、節約しようという努力も続けることができると思います。

試行錯誤しながら行き着いた節約方法

節約や貯蓄について、みなさんそれぞれでやり方があると思います。

私もなかなか節約と貯蓄ができず、毎日家計簿を見てはため息をついていました。

毎月、やり方を変えてこれなら自分でもできると思った方法を紹介させていただきます。

きっと多くの人が実践されているとは思いますが、固定費を知ることです。家賃、携帯代、保険料など毎月変動することなく、必ず決まったお金が出ていくと思います。その金額を把握します。特に携帯に関しては、通話重視でなければ最近では格安SIMなどもあります。そうすると月々の金額、また一年で考えると大きな額の差になると思います。

固定費が把握できたら、貯蓄に回す金額を考えます。あまりに貯金の金額を増やしても日々の生活がカツカツになると思うので、無理をせずできるだけの範囲で良いと思います。

残ったお金を1ヶ月の生活費とします。まず1週間使えるお金を把握します。週に2回をスーパーへ買い物に行き、1週間の献立は考えておきます。スーパーへ行くとどうしても余分な物を買ってしまうので、行く日を決めると良いと思います。

以前は家計簿に食費、日用品など項目別に金額を書いていましたが、疲れるのと、ここでお金がかかってしまったと後悔することが多いので、今は1日使った金額のみを書くようにしています。そうすることで、お金を使った日、まったく使わなかった日など目に見えてまた頑張ろうと思えるので、無理せず楽しく節約しています。