先取り貯金でお金を貯めていこう

貯金ができないと思っている人に限って先に一定の金額を分けて貯金に廻さず、どんぶり勘定だったりもします。

本当に貯金をしたいと思っているのであれば、どんな形であっても先に一定の金額を分けて貯金に廻すのです。

銀行の自動積立を契約しておいて一定の金額を積み立てるもいいし、現金だけではなく純金にして積み立てるもいいので何かしらの方法で積立をしてお金を貯めていく仕組みを作っているのです。

一方たまらない人は本当にどんぶり勘定で、余ったお金を貯金するといった形なので、いつまでもたまらないのです。

本気で貯金をしたいのであれば、お金の流れを把握した上で一定の金額を給料日に分けて貯金に廻して残りでやりくりをしていくのです。

もちろん、目標金額までは取り崩さないで生活をしていくことも大切です。

そのためには貯めていく場所にも工夫をする必要があります。

定期預金であれば期日が出てくれば解約できるし、純金や投信であれば長く運用していく必要があるのでそう簡単には取り崩せないです。

一番いけないのは貯金箱です。

盗まれやすいし、何よりも貯金を簡単に取り崩してしまうことができてしまうからです。

貯金箱はあまりお勧めすることができません。

ようやく迎えた給料日ですが、結局は支払いで…

前月に車検や突発的な支払があったことから、ようやく1カ月を乗り切り迎えた給料日。

いつもと同じ金額で何の楽しみもありませんが、それでも、きちんと給料をいただけたことにまずは感謝です。

給料が入って、「しばらくはこれで楽になれる」かと思いきや、今月も突発的な支払が発生してしまいました。そのおかげで、今月もまた、かつかつになってしまいました。

残金と、残り日数を考えると、到底足りる気がしません。そう言いながらも毎日節約をしてなんとか乗り越えてはいるのですが…今月もまた、1日も気が抜けない月になろうとは夢にも思いませんでした。

給料が出たばかりであるため、当然次の給料日は、まだまだ、ずっと先です…。まだ20日以上あります。この残金で、消耗品や食材を買い、交際費もねん出し、と考えるとめまいがしてきます。とはいえ、乗り越えないわけには行きません。今月を乗り越えても来月もつらいのだろうかと考えると、気力が底をつきそうな気もしますが、できることからこつこつと節約して、なんとか乗り越えたいものです。とりあえずはダイエットもかねて自分にかかる食費をセーブし、家族にはあまり不便をかけずに暮らしたいと考えています。