投資用の貯金を作る

貯金をする場合、単にお金を貯めていくだけではお金はなかなか増えていきません。

そこで、貯蓄用の貯金と、投資用の貯金の二つを用意して、それぞれお金を貯めていくようにします。

投資といっても、株やFXなどのリスクの高いものだけではありません。

自己投資や誰かのためになるお金を使う貯金という捉え方で貯金をしていきます。

自分へのご褒美としてお金を使うことがありますが、時にはそれが自己投資ではなく、単なる浪費になってしまうことがあります。

投資用のお金を使う時は、その目的が投資なのか浪費なのかをよく見極めて使うことが大切です。

投資だと思えるお金の使い方をしていけば、やがてそれが利息をつけて戻ってくる可能性が高いかもしれません。

投資用のお金はお金を増やすことが目的なので、それ添わない使い方は避けるようにしたいものです。

例えば、寄付や募金なども投資に当たると思います。

少額でも誰かのために役に立つお金です。

誰かの役に立つことを行うと、自分の気持ちや考え方が変わっていき、物事が良い方向へ進みやすくなります。

これも寄付や募金などのメリットで、投資が利息をつけて戻ってくる効果なのかもしれません。

貯金のために節約や倹約は必要ですが、ケチになりすぎるとかえって損をしてしまうことがあります。

無駄な出費が増えてしまう時は、お金の使い方を改めて見直す時なのかもしれません。