確実に貯蓄するには、定期預金を活用すべし!

お金を節約し、貯蓄するために、一番の方法は、最初から通帳にお金がないことです。というのも、目に見えて、普段使っている通帳にお金があると、ついつい手を出してしまいがちです。そもそも、お金がなければ、手を出すことはできません。なので、給料日に、簡単には引き出せない定期預金に、勝手に引き落としをしてもらうことをお勧めします。現在、各銀行で、定期預金のサービスは、行われています。それを活用し、普段使用する通帳から、定期預金の通帳に、困らない程度のお金を毎月振替してもらっておくのです。

それによって、毎月知らない間に貯蓄ができ、気づけば大きなお金となっています。ただし、注意しなければいけないポイントがあります。それは、無理な金額を設定しないこと。沢山貯金したいと思って、月々多めに、貯金すると、普通に生活することが難しくなり、つい定期預金をおろしてしまうことになってしまいます。定期預金というのは、一度おろしてしまうと、慣れてしまって、度々おろしてしまうことになります。なので、一番はじめの設定金額には、注意が必要です。例えば、30万円以下の収入なら、5万円以内に納めておくのが、無難でしょう。そうすることで無駄遣いせず、また、無理をせず、貯蓄することができるでしょう。

貯蓄を増やすには使わないことと増やすこと

当たり前ですが、貯蓄を増やすには収入以上に使わないことです。収入がいくらかは関係ありません。生活レベルに合わせて暮らしていきできる限り支出を減らしましょう。収入が増えるのは大いに結構ですが増えたからと言って使いすぎ収入-支出が以前より減ることがないように管理しましょう。収入が減ったときに生活レベルを下げられないのが一番困ります。

生活レベルは下げるのが大変ですが、食品のブランドを下げる、外食に2回行っていたいたなら一回になど意識して支出を減らしましょう。保険の見直しも大事ですね。ふるさと納税など税金対策もしましょう。

「ブランドのコスメを止めてみました」でも紹介されているように少しでもいいからランクを下げるのいいかもです。

激減した時には車を手放す、住まいを変えるなどの思い切った策が必要でしょう。人それぞれ人生のいつ頃お金がかかるか違います。子供がいるのかいないのか、介護は必要なのか、どの時期にどのような出費が考えられるかライフプランシートを書き出してみてどの時期にどのくらいの出費があるか、いつなら貯められるのか考えてみましょう。

もうひとつ貯蓄を増やすには収入を増やすことです。主になる職業以外に副業を始める。投資信託で増やす。金など相場を利用する。株を購入してみる。外貨貯蓄をしてみるなどです。リスクがあるものはよく検討しましょう。

私にとっての節約貯蓄とは生きる糧です

タイトルの通り、節約は私にとって、ある意味では、無理ゲーのようなものであり、実現可能性は限りなく低いものではあるものの、もしかしたらとんでもなく儲かってしまうかもしれない、臨時収入が得られるかもしれないと思いながら日々を送っています。具体的には、スーパーのお買い得情報は積極的に入手するようにして、1円でも安くゲットできると勝ちとし、また日頃から道端で小銭が落ちていないかと妙に探してしまうこともあります。

そして、ヒトからもらえるものはなんで合ってもとりあえるいただいておいて、なるべく使うことにして、購入するものを減らすよう努力しています。ほかにも、懸賞サイトやアフィリエイトによって、ポチポチとClickをすることによって、ポイントを貯めて、買い物の足しにするといったことにも抜かりなく、近距離であれば、交通費だって歩いて浮かせようとすることは日常茶飯事です。そんな私がいま一番力を入れている節約方法は、欲しいものを手に入れたと想像する、食べたと想像することによって、心理的な満足感を得ようというイメージトレーニングです。そうすると、ひもじい生活の苦しさが少なからず紛れるので、心の平安を維持しながらケチケチ生活を続けていくことができています。

先に貯蓄することで、同時に節約にもなります。

以前は毎月残ったお金を貯蓄に回すようにしていました。

でもお金がお財布にあるとつい使ってしまうのです。

なかなか残すことが出来ず、貯蓄しない月もよくありました。

そこで給料日にあらかじめ予算を決めて振り分け、多目に貯蓄することにしました。

予算もギリギリくらいにするようにしました。

そうすることでお財布の紐が緩むことが少なくなりました。

スーパーに行くとつい買ってしまうような余分な物もなくなっていきました。

夕飯を作る際にも安い材料でどんな物が作れるのか一生懸命考えるようになりました。

おかげで食費ギリギリにしていたのに、食費も余るようになりました。

毎日毎日お財布の紐をしっかり締めて過ごすことで、今までちゃんとできていなかった貯蓄をしっかりするようになりましたし、予算ギリギリかと思っていたのにゆとりを持って過ごせるようになりました。

最初はケチケチしているようで少しストレスにもなりましたが、だんだん増えていく貯金額を見るのが楽しみになっていき、節約することも安い材料でご飯を作ることも楽しみになってきました。

小さな子が3人いるので、大きくなった時の学費の足しになるようにしっかり節約と貯蓄をしていこうと思っています。

小銭貯金!?計画が立てられない人もすぐ始められる!

私の貯蓄の方法の1つとして「小銭貯金」があります。

私は定期的に支出や収入を記録し、お金のやりくりを考える、といったことが出来ない無計画な人間なのですが、そんな時にこの小銭貯金を行なったことで何度か救われたことがありました。

私はゆうちょ銀行の小銭が入れられるATMに、ある程度小銭が溜まったら入れるようにしています。500円玉から1円玉まですべてです。

これなら計画を立てられない人も、小銭だけを100均で売っているような小銭入れなどに貯める→ある程度溜まってきたと思ったら銀行にいれる→を繰り返すだけで、数千円の貯蓄が出来ます!

また1円単位の貯金をすることで、1の位を0にすることも可能で、中途半端な額が口座に預け入れされている時は便利だったりしますし、次に引き出す時はお札で引き出せるので、この点が口座の小銭貯金の最大のメリットかなと思っています。

単純で簡単な貯蓄方法です。特に口座を数種類お持ちの方は、引き落とし用とは別の口座を貯蓄用で持っておくと便利です。

私はゆうちょ銀行ですが、三菱UFJ銀行もATMによっては小銭貯金が可能となっています。

さぁ、今からでも遅くありません。小銭貯金、始めてみませんか?

貯蓄に対する関心や興味を強く抱くこと

お金を積極的に貯蓄に回そうとしている人は、幅広い年代において見受けられているのではないかと推測されています。計画的に貯蓄を増やし、目的に利用したいと検討しているケースが多数を占めていると考えられており、効果的にお金を貯蓄していくことにも関心が寄せられているのではないかと思います。従来に比べてお金を様々な目的に使用することができるようになってきつつあることから、このような傾向に拍車が掛けられてきていると言えるのではないでしょうか。

毎月一定の金額を貯蓄する方法が最も多いと考えられており、お金をしっかりと管理しながら利用するために貯蓄を行っているのではないかと推測されています。このような貯蓄の在り方は、多岐にわたる職種の人々の間で確認されるようにもなってきつつあることから、しばしば関心が寄せられるようになってきているのではないかと思います。貯蓄を継続している人の数も着実に増加しているのではないかと思います。

今後も貯蓄を計画的に行っていく人が、多数存在するようになっていくのではないかと見込まれています。お金を明確な目的のもとに利用することにも繋がっていくと考えられているため、貯蓄に対する関心や興味を強く抱くことも大事であると捉えられています。これまでよりも多くの人たちが積極的に貯蓄をしようとするとも考えられるようになりつつあることから、金融機関などを活用しながら貯蓄をする人の存在も大きくなっていくのではないかと思います。

貯蓄に自信がない人は500円玉貯金から

貯蓄に自信がないのであれば、まずは500円玉貯金から始めてみることがおすすめです。500円玉貯金のメリットは目標を設定しやすいこと、そして貯めている実感を持つことができることです。

実際に500円玉貯金を始める時には、10万円貯まる貯金箱のように、貯まる金額が明確になっている貯金箱を使うことがおすすめです。現在は、100円均一ショップでもこのタイプの貯金箱が販売されています。10万円貯めるタイプの場合、10万円貯まった時のことを考えながら500円玉を入れていけば、楽しく貯金をしていくことができます。

更に、このタイプの貯金箱は、簡単に開封できないようになっています。そのため、つい貯金箱を開けてしまうという人でも、問題なく貯金を続けていくことができます。

500円玉を缶に入れていくと、重さや振った時の音が変わっていきます。こうした重さや音の変化は、貯金の実感へと繋がっていきます。

そして、もう入らない状態になるまで500円玉を貯め、貯金箱を開封し数えた時には、貯金の喜びを感じるだけでなく、貯金や貯蓄に対する自信を持つことができるようになります。そのため、貯蓄に自信がないのであれば、500円玉貯金から始めてみると良いでしょう。