貯蓄や節約には通帳を最大限利用しよう

貯金は銀行口座を利用するというのは一般的ですが、それについているのが通帳です。自宅でタンス預金や貯金箱というような貯金や節約もモチベーションが最初はそれなりに維持できますが、タンス預金は金額を把握するにはいちいち数えて確認しないといけませんし、貯金箱などは一体今、いくらのお金か満タンになるまでわかりません。貯金箱は満タンになったら終わってしまうのでそれ以上の貯金を継続するならまた考えないといけません。お金を効率よく、確実に増やすにはやはり金額を逐一しっかりと把握しておくというのが大切です。それは通帳ならこまめに記帳しておけばいつでも金額を正確に把握しておくことができます。わずかでも1円単位で貯まっていくのがわかるのでモチベーションも維持できます。デジタル派なら最近多いネット銀行やネットバンキングで口座をしっかりといつでもどこでも確認して管理することができますが、私はやはり数字が印刷された紙を手元に置いとくのが実感を持てるのでいいと思います。そして金利は低いといっても現金を家においておいてはそのわずかでもつかないので銀行口座に預けておけばわずかでも利子は付きます。キャッシュカードで出し入れだけをするよりも通帳をしっかり確認する習慣を持つほうが貯金や節約効率もずっと上がります。