食費専用の家計簿を付けて無駄なく節約出来るお買い物

以前に家計簿を付けていました。
一ヶ月の食費を3万円と設定して、一週間を5千円くらいの予算とします。鶏肉や豚肉などはワンパック300円位、野菜は100円の物しか買わない。夕方の野菜見切り品なんて50円で売っていたら尚良し、その日に使えば問題ない。意外に費用が掛かるのは、ウインナーやハム類、主に加工品。業務スーパーや安売り品を利用しながら、家計簿を付け、その週が5000円超えると、次の週でなるべく食材を抑え気味にして調整。
そして一週間のまとめ買い。冷凍できる物は冷凍保存。こまめにスーパーへ行くとつい余分な物まで買ってしまう。なるべくある物で工夫しながらの食事作り。

家計簿のおかげで無駄使いが減り、気づけば料理番組や、ネットでクックパッドをよく見る様になりました。一日中献立の事で頭を悩ませている自分にガッカリすることもあるけれど、毎日の事ですし、なにより節約出来た時の達成感は嬉しいです。家計簿があると、見直しも出来るし、レシートを見ながら他店との比較も出来て、効率良く買い物が出来ました。今では家計簿に付けなくてもだいたい頭の中で計算をしながら、無駄なく買い物が出来る様になりました。食費が掛かって困る方は一度家計簿をきちんと付けて、見直しをすると、節約の仕方も楽しくなってくると思います。