Pontaポイントを貯めるのにおすすめのカード

一昔前であればPontaポイントはローソンなどの限られた店舗のみで貯めたり利用したりできる独自色の強いポイントサービスと言えましたが、現在ではリクルートと提携を結んだことによって巨大な共通ポイントサービスの一つになりました。

実店舗やインターネットで買い物をした際に貯まるだけでなく、Pontaクレジットカードという決済をすることで、Pontaポイントが貯まるクレジットカードも登場するようになったのです。

Pontaポイントは提携しているお店では1ポイントあたり1円換算で利用ができるので、普段からPontaポイントの加盟店で買い物をすることが多いという人の場合Pontaクレジットカードを利用して日頃の決済を行うことで、家計を大きく節約できます。

利用するシーン別にそれぞれPontaポイントを効率的に貯めることができるおすすめのPontaクレジットカードについて解説をしていきます。

日頃からコンビニはローソンをよく利用しているという場合にはおすすめとなるのが、JMCローソンPontaクレジットカードです。

このカードを利用してローソンで買い物をすることで100円ごとに2ポイント分のPontaポイントが獲得できますし、さらにクレジットカード決済で獲得できるPontaポイントとは別に通常の買い物でPontaポイントカードにPontaポイントを貯めることもできます。

つまりこのカードをローソンで利用することでPontaポイントの2重取りが可能となり、随時100円ごとに3ポイント分のPontaポイントが獲得できるのです。

ポイントを2重取りすることによってローソンでの買い物でのポイント還元率が随時3%となり、圧倒的にお得に買物ができるようになるのです。

自動車のガソリンはいつも昭和シェル石油で給油しているという人に強くおすすめできるのが、シェルPontaクレジットカードというクレジットカードです。

このカードを利用して昭和シェル石油でガソリン給油をすると1リッターあたり2ポイント分のPontaポイントが還元されるので実質的に常に1リッターあたり2円分の割引を受けることができます。

またこのカードはどのお店で利用しても随時利用金額の1%分のPontaポイントを獲得できますし、Pontaポイントの加盟店で利用した場合にはポイントの2重取りが可能となり、随時2%のポイント還元を受けることができます。

特に給湯によるポイント還元率が高くなっているので給油の際に利用することで非常に合理的にPontaポイントを貯めることが可能となるのです。